20代で独身の時に、マンスリーマンションを1年間利用しました。

家具家電付き、光熱費込み、駐車場込みで月々7万円でした。

マンスリーマンション24時というサイトで見つけた物件で、狭い1kにプラスでロフト付き、浴槽はなく、シャワーのみでトイレ別、という間取りでしたが、一人で暮らすのには十分でした。

家具家電は、テレビ、テレビボード、ベッド、カーテン、エアコン、ガステーブルくらいだったかと思いますが、来客もほとんどなく、独り暮らしには特に困ることもありませんでした。

入居の際、高熱費など、一人で暮らしていないくらいのことが分かったら、追加で徴収します、というような説明をされました。

今思えば、当然のことですが、契約外の入居形態をとってはいけない、という意味合いでの説明だったのですが、一人で暮らすこと自体が初めて、そしてサラリーマン家庭で育った世間知らずの私は「それはいくらくらいまでなら大丈夫なんですか?私シャワーが大好きなので心配なので教えてください!」などと言って担当のお姉さんを困らせてしまいました(笑)

実際、お隣のお姉さんはしょっちゅう彼氏を家に呼んでいましたが、追加徴収などはなかったとのことでしたが、真面目な私は、シャワーも気持ちばかりではあるものの少し控えめに、エアコンをつけるのもけっこう我慢したりして過ごしておりました。

結果、追金などの必要はなく、契約終了まで過ごしましたが、今だったら、明らかな契約違反ととられるほど(実際にずっと1人でしたし)使っていたわけではないのにおっかなびっくりしてしまって、もったいなかったなと思います。

とはいえ、全て揃っていて入居も退居も引っ越しなしで楽でしたし、近所づきあいなんかも考えずにすみ、快適でした。

家族で住むならやはりデザイナーズマンスリーです

普段の家族との生活のクオリティを考える中でやはり安心して快適な環境で素敵な家族の時間を送っていく事は大変重要な意味を持つのです。

家族で過ごす快適な時間はやはりおしゃれで機能的なマンスリーマンションを選らんでいく事から始まっていきます。

普段の自分の生活をより素敵なものとするにはやはりデザイン性と居住性を兼ね備えた物件に住む事が重要な事となるのです。

マンスリーマンションやウィークリーマンションと言えば単身の方向けの住環境であるという概念も以前までの事で最近ではオシャレなデザイナーズ物件タイプのマンションも大変多くありますので、そのような物件を選んでいく事で素敵な体験を家族や素敵な友人と愉しんでいく事が可能となるのです。

マンスリーマンションでも家族で快適で優雅な時間を送っていく事は十分に可能となりますので、是非、このような物件に住んで快適なマンスリーマンションライフを愉しんでみてはいかがでしょうか。

マンスリーマンションを有効に活用する方法とは

自分の好きな住まいに住んで快適な時間を愉しんでいく事は多くの方にとっても大変重要な意味を持つのです。

普段から自分らしく素敵な時間を愉しんでいく事で快適な住まいで癒やしや仕事の生産性を上げる事ができます。マンスリーマンションは多くの方にとって快適な環境で暮らしていく事を約束してくれるのです。

マンスリーマンションは家族で転居などをしていく際にも大変有効な方法となりますので、上手く使っていく事で安心して快適な環境で自分らしい楽しみを満喫する事ができます。

やはりマンスリーマンションでは多くの方が好きな生活を初期の負担なく過ごしていけるのが最大のメリットとなるのです。

好きな家で暮らす時間をいかに快適にしていけるかどうかはやはりこのような住まいを大切にしていく事で安心して普段からの生活を自分で守っていく事と大きな関係があるのです。

普段から大きな家具や高額な家電を用意しなくても愉しんで生活を送っていけるのがこのようなマンスリーマンションの大変大きなメリットとなるのです。

ビジネスホテルよりもお得なマンスリーマンション

自分の好きな家に住む事で高い制先生や安全で快適な毎日を送っていく事を考える方も最近では大変多いのです。

自分らしい毎日の中で快適な住環境で素敵な毎日を愉しんでいく事は大変重要な意味を持つのです。マンスリーマンションをフルに活用する事で安心して素敵な毎日を送っていく事ができます。

普段の生活の中でマンスリーマンションをフル活用する事はビジネスホテルを使うよりも大変効果的な毎日を送っていく上でも安価で快適な滞在をする事が可能となるのです。

やはりマンスリーマンションは多くの方が自分らしく住んでいくにはベストな建物となります。ホテルのアメニティでは長期滞在が難しいような場合でもマンスリーマンションを上手く使っていく事でより便利で快適な滞在を自分で行っていく事ができます。

普段の自分らしい人生の中でいかにして快適なビジネス環境を自分で考えて作っていけるかどうかでビジネスの成功や失敗は大きく変化するのです。

村民の間で流行っているウィークリーマンション

私が育った村には中学校までしかなく、高校からは下宿生活をしなくてはならない過疎な地域でした。

村内に学習塾はなく、村でも裕福な家庭の子供は、中学校から私立校に通うため母子ともに都市部へ引越し、父親だけが村に残っていました。実家が裕福でない子供は、学校の先生が授業後に勉強をサポート、夏休みには大学へ進学した卒業生がチューターとしてサポートするのが村の習慣でした。

高校受験を控えた私は進学校を目指しており、先生などの勧めがあって都市部にある大手学習塾で夏期講習を受けることになりました。

都市部に知り合いがいない私は格安ホテルを当初探していましたが、夏期講習の時期は受験生が押さえてしまうためどこのホテルも満員、困り果てた時に目にしたのがウィークリーマンションでした。

私の村では4階建ての学校が唯一の高層建物でマンションは一件もありませんが、テレビコマーシャルでウィークリーマンションの存在は知っていたため、ダメ元で問い合わせてみると一部屋だけ空いており即決しました

。ウィークリーマンションの外観は普通のマンションと同じ、玄関にはホテルと同じで受付があり、田舎者の両親は持参した土産を受付のおじさんに渡していました。受付で手続きを終えると部屋の鍵を渡され、空いていた部屋は受付と同じ1階、両親と中学生の私は受付が近いことに安堵しました。

部屋の装備は我が家と変わらず、近所には24時間営業のコンビニがありました。その日の夜に両親は帰宅、1人残った私はテレビのコンセントを抜いて勉強、翌日からは夏期講習を受けるため徒歩で学習塾に通いました。

昼食は学習塾で、夕食と朝食は失火を恐れ近くのコンビニで済ましていました。

受付のおじさんの話では他にも数人ウィークリーマンションを利用している受験生がいましたが、顔を合わせても会釈程度、他の利用者も同じでした。

携帯電話もスマホもない時代であったため、実家からの連絡は受付のおじさんを通して、週末に両親が訪れる時には世話になっているおじさんに手土産を持参していました。

中学三年生の夏をウィークリーマンションで過ごした私は、翌年に第一志望の高校に合格、報告がてらおじさんを尋ねると笑顔で迎えてくれました。

お礼を済ませ、4月からは近くで下宿するから宜しくお願いしますと言うと、「4月からマンションを借りられたから僕はいないよ」と言われました。

受付のおじさんは、ウィークリーマンションの社員さんではなく、マンションが見つかるまでの臨時アルバイトでした。高校では下宿生活のためウィークリーマンションを利用することはありませんでしたが、私の村では夏季には学生が夏期講習の為に、農業閑散期にはスーパー銭湯や病院へ通うためにウィークリーマンションを利用することが流行っています。